ACQUIRE

Company

事業概要

アクワイアは1994年の創業以来、「独自性」「奇抜さ」をキーワードに、常識にとらわれることのない「尖った」オリジナルコンテンツの開発に取り組んでいます。

常に面白さを追い求め、新しいソフト・サービスを創り続けることで確固たる自社ブランドを確立し、さらにはエンターテイメント業界発展の一翼を担うことができるよう、アクワイアはこれからも挑戦し続けます。

  • ゲーム開発

    企画原案から完成まで、一括したゲーム制作環境を持ち、独自性を追求し、好奇心を刺激するハイレベルコンテンツ制作に取り組んでいます。

    特に「箱庭系(サンドボックス)」スタイルのコンテンツやマルチシナリオコンテンツとユーザーレスポンスの高いアクションゲームを得意ジャンルとし、多数の制作実績を挙げています。

    また作業の効率化と品質向上を図る技術開発チームを創設し、新規ミドルウェア、アプリケーションの即時研究・導入を図っています。

  • グラフィックデザイン

    アクワイアでは特に「和風」を題材としたタイトル(天誅・侍道など)について人物・背景ともに長期に渡る制作実績とノウハウがあり、強みとなっています。

    アクワイアが手掛けた和風グラフィックの持つ独特の世界観は海外でも高評価を受けています。

    また、和風に限らず西洋ファンタジーや現代舞台な等様々な世界を多彩な表現力・対応力とアイディアで制作しています。

  • モーションキャプチャー

    3Dアクションゲーム制作に欠かせないモーションキャプチャー技術をアクワイアでは独自の専用スタジオ「Studio Acquire」として所有しています。
    自社スタジオならではの綿密な連携と自由な環境で、高品質なモーション制作を行っています。
    自社案件に限らず、モーションキャプチャーを必要とする他ゲーム会社への貸し出しプランや様々な形式でデータのみを納品するプランも展開しています。

  • スマートフォンアプリ開発

    新たなゲームビジネスフィールドとして技術・市場が整い始めた「スマートフォン」をプラットフォームとする開発を進めています。

    コンシューマゲーム開発で培ったノウハウを武器に、アクワイアならではのハイクオリティなオリジナルコンテンツを制作しています。

  • 業務系システム開発

    開発用バグ管理ソフト「BUGWEB」をはじめとする一般的な業務系システム開発をはじめ、テレビ局の株式データ表示システム、病院の案内表示システム等、リアルタイム性を伴うシステム開発に多くの実績があります。

    さらにネットワークやデータベースと連携したシステム、FLASHやWEBアプリケーションなど、プラットフォームを問わず汎用性の高いサービスを開発・提供しています。