スタッフインタビュー

開発部アート

のびちゃん(2018年入社)

  • 主な仕事内容
  • ●キャラクターイラスト制作
  • ●外注管理

「入ってみたいけど、難しいだろうな」と思っていました。

入社前の経歴を教えてください。

大学卒業後イラストレーターとしてソーシャルゲームの会社に就職して以降、2回の転職をしましたがずっとソーシャルゲームの会社に勤めていました。

ちなみに当時関わっていたゲームタイトルで画集を発売したんですが、僕が表紙のイラストを担当しました。

色々な作家さんたちがいる中で、僕が選出されたので、狂喜乱舞しました!

アクワイア入社のきっかけは?

転職支援サービスのエージェントさんの紹介です。

通勤アクセスも良くゲーム作りの老舗だったのが決め手ですね。

秋葉原に来るたびに看板を見ては「あ。あれゲーム会社だな。入ってみたいけど、難しいだろうな」とはずっと思っていました。

でも正直行きたくてもスキル面の不安もあって、受かる気がしていなかったので、エージェントさんに紹介してもらわなかったら受けていなかったと思います(笑)

「ビジネスよりもプレイヤーのことを考えてものづくりをしてるのが、ゲーマーとしてもすごく嬉しいですね。月並みな言葉かもですが」

ゲームづくりは楽しさが大事。そこを追求しているっていうのがいいですよね。

実際に入社してみた感想は?

今まで経験してきた会社と比較すると、企画段階から資料が密に作られていて、欲しい情報がなかった時にもそれを伝えればぱっと出してもらえるし、とにかく資料のボリュームもすごく多い。

ゲーム全体の仕様を把握して、キャラクターひとつひとつの組み立てをしっかりしているので、仕事がしやすいです。

あとは、ゲームづくりって楽しさが大事じゃないですか。
そこをまず追求しているっていうのがいいですよね。

今までの会社ではその場その場で作り上げていくことが多かったんですけど、ちゃんと土地をならしてから作り出すといった感じで、しっかりとものづくりをしていて感動しました!

アクワイアの関わったゲームタイトルで思い入れのあるタイトルをひとつ厳選すると?

『立体忍者活劇 天誅』

小学生の頃に友達と一緒にステージ1のボスが言うセリフを暗記して真似をするほどハマっていたゲームです。

「ほ~れほ~れほ~れ」「キャー」のくだりとか(笑)バカ殿に近いですよね、ノリが。
ちょっと大人向けな雰囲気があったり、厨ニっぽい敵がいたりとか小学生には程よい刺激で楽しかったですね。

なので、そんなタイトルを作った会社に入れたのがとても嬉しく思います!

「いちゲームファンとして見ても、ワクワクする開発タイトルが多くて、日々楽しく過ごさせていただいてます!」

発想の時点では負けたくないな、って思いますよね。

アクワイアで叶えたい野望や夢を教えてください。

ゲーム・オブ・ザ・イヤーを取りまくって某携帯ゲーム機ローンチのアクション・アドベンチャータイトルを超えるゲームを作る!(携わる)
とにかく面白いゲーム!!!

すごい着眼点でちゃんとものづくりをしているタイトルやサービスがたくさんあるけど、発想の時点では負けたくないな、って思いますよね。

ジャンルとしては面白ければ何でも良いんですけど、できればみんなで楽しく賑やかに切磋琢磨できる、競技性があるゲームがいいですね。

あと女の子を描きたい!(笑)
基本的に女の子を描きたいがために絵を描いてる、みたいなところがあるので。
ピュアな意味で(笑)

最後になにか小話をお願いします。

久々に新車でバイクを買ったので、晴れの休日はツーリングに行ってます。

バイクは、高校で免許を取ってから親父のバイクを借りたのがきっかけでハマりました。
大学の頃に自分でバイクを買って、それにテントを積んで、ちょこちょこ一人キャンプとか行ってました。

この前、群馬県の榛名山というところに行った時に、めでたく立ちゴケを経験して、その勢いで急所をぶつけて悶絶したんですけど、バイクとの仲が深まりました。
バイクは凹む程度の被害でした。新車だけど(笑)

雷雨だったり強風だったり気温だったりと色んな自然の顔が見えるバイクはいいものですね!

「群馬県榛名山までは、下道休憩・渋滞込みで片道5時間くらいでしたね。 」